所長挨拶

研究所概要
所長挨拶
年表
拠点運営会議
国際交流協定
国内連携協力
人事公募
アクセス

低温科学研究所は,昭和16年(1941年)に北海道大学初の附置研究所として設立されました。以来、雪氷学に留まらず,低温や寒冷圏に関わる様々な自然現象に焦点をあてたユニークな研究所として発展を遂げ,1995年には全国共同利用研究所に改組されました。平成22年(2010年)以降は,「寒冷圏及び低温条件の下における科学的現象に関する学理及びその応用の研究」を目的とする共同利用・共同研究拠点としての活動を始め,令和4年(2022年)から始った国立大学法人第四期中期計画においても,国内外のコミュニティへの貢献や,分野融合の卓越した研究活動等が評価され,その継続が文部科学省によって認定されました。

大学附置研究所のもっとも大きな役割の一つは,大学でしかできない長期的展望に立った独自性のある研究を生み出すことです。低温科学研究所では,地球環境システムにおける寒冷圏の重要性に鑑み,北海道に隣接する環オホーツク海地域をはじめとして,南極,北極など,世界各地の寒冷陸域・海域において多様なフィールド研究を展開し,大きな成果を挙げてきました。また,低温環境下で現れるさまざまな特異な現象に,物理・化学,地球化学,生物学といった基礎科学の見地からアプローチし,数多くの独創的かつ先進的な研究成果も挙げています。一方で,共同利用・共同研究拠点として,国内外のさまざまなコミュニティに貢献することも低温科学研究所の重要な責務です。研究所の特色を活かし,既存の学問分野にとらわれない斬新な研究を先導し,分野横断型の共同研究プロジェクトを推進するとともに,積極的な国際連携も視野に入れた新しい研究コミュニティの創成を目指しています。

低温科学研究所は,比較的小さな規模にもかかわらず,研究者の専門分野は多岐に渡ります。このことは各研究者が個々の分野に拘らず,研究者同士のコミュニケーションを密にし,広い視野で学際的な研究を推進する上での長所になっています。これからもこの特色を活かして,絶えず新しいサイエンスを模索し,研究者,事務職員,技術職員が一丸となって,世界で最もユニークな研究所を目指すとともに,多様な社会的要請に応えていく所存です。

今後とも皆様のより一層のご支援,ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

令和4年4月1日 所長 渡部 直樹

ページトップへ