• お知らせ
    低温研ウェブサーバ停止情報
    9月6日(土)16:30 - 9月8日(月)08:30
    メンテナンス作業のため
    ご利用の皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご理解を賜りますようお願い申しあげます。
  • お知らせ 2014年 8月26日
    年次自己点検評価報告書 〜年報 平成25年度版〜 を掲載
  • お知らせ 2014年 8月26日
    第26回低温研セミナー 「大気中の有機エアロゾル:発生源、分子組成およびエイジングプロセス」 フ・ピンチン(低温研特任教授) 9月10日(水)16:00- 低温科学研究所 新棟3階 講堂
  • 共同研究 2014年 8月15日
    シンポジウム:衛星系研究会:衛星系から探る外惑星領域の小天体軌道進化 8月28日(木)-29日(金) 北海道大学 低温科学研究所 3階 講堂
    8/21 プログラム更新
  • お知らせ 2014年 8月19日
    平成26年度 低温科学研究所 公開講座 「低温の魅力~低温科学の最前線~」 9/29(月)-11/17(月) 18:00-19:30 (毎週月曜日:各回1時間30分)
  • 研究成果 2014年 7月31日
    プレスリリース: 湖水中でのメタン消費の新たな主役 〜亜熱帯ダム湖で脱窒メタン酸化細菌が優占していることを発見〜 低温科学研究所 助教 小島 久弥、教授 福井 学
  • 共同研究 2014年 6月30日
    共同研究:平成26年度共同研究採択課題を掲載
    7/29更新
  • 研究成果 2014年 7月23日
    低温研ニュース 2014年 6月 No.37 を掲載
  • 共同研究 2014年 7月16日
    シンポジウム:ALMAを活用した原始惑星系円盤に関する研究の新展開 7月31日(木)- 8月 2日(土) 北海道大学 低温科学研究所 3階 講堂
    7/24プログラム更新
  • お知らせ 2014年 7月 7日
    第25回低温研セミナー 「Microclimate: why and how to measure it?」 Dr. Jan Wild (GIS and Remote Sensing laboratory, Institute of Botany, Academy of Sciences of the Czech Republic) 7月30日(水)16:00-17:00 低温科学研究所 新棟3階 講堂
  • 共同研究 2014年 7月 3日
    シンポジウム:低温環境への適応:ゲノム進化と環境変動指標 7月22日(火)-23日(水) 低温科学研究所 研究棟2階 講義室
  • 共同研究 2014年 7月 2日
    シンポジウム:海氷海洋モデリングの共通基盤構築に向けて 7月24日(木)-25日(金) 北海道大学 低温科学研究所 3階 講堂
    7/3プログラム更新
  • 研究成果 2014年 6月16日
    プレスリリース:南極で棚氷の下を直接観測:厚い氷の底に海の循環と生物を発見  低温科学研究所 准教授 杉山 慎
  • 共同研究 2014年 6月 6日
    シンポジウム:湖沼メタン酸化細菌叢とメタン栄養食物網のグローバルパターンの解明 6月23日(月)-24日(火) 北海道大学 低温科学研究所 2階 講義室
    6/11プログラム更新
  • 共同研究 2014年 6月 6日
    シンポジウム:宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム 7月8日(火)- 9日(水) 北海道大学 低温科学研究所 3階 講堂
  • 共同研究 2014年 5月26日
    施設の利用方法:低温実験室の利用について、低温実験室利用状況一覧を更新
  • お知らせ 2014年 5月26日
    低温科学研究所 一般公開 6/7(土)10:00-16:00
  • お知らせ 2014年 5月23日
    第24回低温研セミナー 「水溶液系における液体・液体転移の普遍的性質」 村田 憲一郎(相転移ダイナミクス) 6月19日(木) 16:00-17:00 低温科学研究所 新棟3階 講堂
  • 共同研究 2014年 4月25日
    施設の利用方法:低温実験室の利用について、低温実験室利用状況一覧を更新
  • 共同研究 2014年 4月16日
    施設の利用方法:低温実験室利用状況一覧を更新
  • 研究成果 2014年 4月 9日
    受賞紹介を更新:中坪 俊一: 北海道大学教育研究支援業務総長表彰(優秀賞)(平成26年3月24日受賞)
  • お知らせ 2014年 4月 9日
    更新:拠点運営会議, アクセス, 研究部門グループ, 教員名簿
  • 研究成果 2014年 4月 7日
    低温科学 第72巻 雲とエアロゾルをつなぐ観測とモデリング を掲載
  • お知らせ 2014年 4月 7日
    国際交流協定一覧 を更新
  • 研究成果 2014年 4月 7日
    受賞紹介を更新:野村 大樹: 日本海洋学会 2014年度岡田賞(平成26年3月28日受賞)
  • お知らせ 2014年 4月 1日
    所長挨拶 を掲載
低温科学研究所は「寒冷圏および低温環境における自然現象の基礎と応用の研究」を目的とする、文部科学省認定の共同利用・共同研究拠点として、国内外の研究機関と連携したプロジェクト等を推進しています
平成26年度 低温科学研究所 公開講座
「低温の魅力~低温科学の最前線~」

[pdf:0.33MB]
9/29(月)-11/17(月) 18:00-19:30
(毎週月曜日:各回1時間30分)

プレスリリース

* H26.7.31 湖水中でのメタン消費の新たな主役 〜亜熱帯ダム湖で脱窒メタン酸化細菌が優占していることを発見〜  低温科学研究所 助教 小島 久弥、教授 福井 学  メタンは強力な温室効果ガスであり,淡水湖沼はその主要な放出源のひとつです。湖沼に生息するメタン酸化細菌は,湖底で生成されたメタンの大半を消費し,大気中への放出を軽減していると考えられています。…
* H26.6.16 南極で棚氷の下を直接観測:厚い氷の底に海の循環と生物を発見  低温科学研究所 准教授 杉山 慎
南極の沿岸部では,氷河が海に浮いて棚氷を形成し,その下には厚い氷で覆われた特殊な海洋環境が広がっています。南極昭和基地近くのラングホブデ氷河で棚氷に縦孔を掘削し,厚さ400メートル以上の氷の下で観測を行いました。…
* H25.10.4 惑星の種はすき間だらけ ~「ダストから微惑星への成長の謎」を解明~  低温科学研究所 准教授 田中 秀和 
惑星は、はじめミクロン以下であった固体粒子(ダスト)が互いに衝突・付着を繰り返し徐々に大きくなることで形成されたと考えられています。しかし、微惑星と呼ばれるキロメートル程度の小天体よりも小さいサイズでは、自己重力が…
* H25.9.5 過飽和気体における核生成過程の大規模分子動力学計算 -はじめて室内実験との直接比較を実現-  低温科学研究所 准教授 田中 秀和、日本学術振興会 特別研究員 田中 今日子  過飽和気体の凝縮核生成は理工学の幅広い分野で重要となるプロセスですが,定量的に信頼できる理論モデルは未だ存在していません。本研究では,気体からの凝縮過程について,超並列計算機を用いて80億分子…