陸海結合システム
─ 陸域と大洋間における縁辺海の自然科学的な機能と人間活動への役割 ─

   

日本は、オホーツク海、日本海、東シナ海といった「縁辺海」と「北太平洋」に面しており、太平洋からみると縁辺海と大洋を隔てる列島の一部と捉えることができます。 これら北太平洋の縁辺海は、自然科学的視点からみても、人間活動の場として見ても多くの共通性と特異性を持ち合わせています。

また、縁辺海には、大陸から長江、黄河、アムール川、ユーコン川などに代表される大河川や、規模は小さいが数多くの中・小河川が流れ込みます。縁辺海は、河川を通じて陸からの物質を受け取り、様々な物理的プロセスと生物的・化学的反応を介して物質循環が活発に起こっている場所となっています。そのため、縁辺海は、陸域の影響を大洋に伝える間の緩衝作用も担っています。さらにこれらの縁辺海は、大洋の影響も強く受け、物質的にも暖流や寒流で結ばれています。

これらの縁辺海には、外洋に比べて複雑なプロセスが多く存在するため、各縁辺海の特徴を科学的に捉えて議論できる状況には至っていないのが現状です。そのため、縁辺海が抱える解決すべき問題点や研究課題、またその解決策などが十分に議論出来ていない状況にあります。そこで共同研究推進部プログラムでは、各縁辺海の自然科学的な機能を明らかにするとともに、オホーツク海、ベーリング海、東シナ海、南シナ海、日本海から、親潮・黒潮を経由して、北太平洋へと至る、長大な物質循環システムについて、陸域と大洋間で果たしている人間活動への役割を考慮しつつ解明することを目標に、全国の縁辺海研究者が密接に連携するための拠点形成を目指します。

所内・所外メンバー

プログラム代表者
西岡 純   環オホーツク観測研究センター・准教授
三寺史夫   環オホーツク観測研究センター・教授
白岩孝行       同上 ・准教授
中村知裕       同上 ・講師
的場澄人       同上 ・助教
江淵直人   大気海洋相互作用分野・教授
豊田威信       同上 ・助教
関 宰    大気環境分野・准教授
大島慶一郎  海洋・海氷動態・教授
松村義正   東京大学大気海洋研究所
長尾誠也   金沢大学環日本海環境研究センター
安田一郎   東京大学大気海洋研究所

ページトップへ