本文へスキップ
ホーム 研究内容 関連プロジェクト 研究風景 メンバー 修士・博士論文 English

研究内容

野外における植物生態学的な研究調査の主なフィールド

1)植物個体の生長と競争様式の解析、
2)樹木の樹冠や林冠の構造や動態の解析、
3)寒冷・乾燥環境のストレスに対する植物の生理的応答
4)多年生植物の繁殖戦略 など

図1 林冠の常緑針葉樹アカエゾマツ(Picea glehnii)の枝の先端。
林冠・樹冠に行かないとわからないことがあります。林冠や樹冠の動態を知るため、枝の成長や枯死を調べています。その動態の生理的メカニズムを調べるため、札幌キャンパスのアカエゾマツ林で、当年の枝葉のシュートmRNAを測定する試みを始めました。


 
 図2 北海道・大雪山の原生林の維持や動態に関する生態学的研究
 森林の維持や動態の機構を知るため、北海道・大雪山の森林などで、森林構造、樹木の更新、個体群動態等に関する生態学的研究を行っています。

 

 図3 落葉広葉樹林、針葉樹広葉樹‐混交林における生理生態学的研究

 北大雨龍研究林のダケカンバ林、針広混交林や札幌キャンパス内の森林において、森林構造や個体群動態、個葉の光合成・蒸発等の生理過程、物理環境の調査等を行い、植物間の相互作用や森林動態と寒冷環境との関連についての研究を行っています。