低温研ニュース

2005年12月 No.20  

トガリネズミ

 砂丘でヨコエビを食べるチビトガリネズミ(写真中央)。この種は世界最小の 陸生哺乳類として知られており体重はわずか2グラム前後である。となりのハマ ナスの実と比べてみてください!チビトガリネズミは,東はロシアのチュコト半 島からシベリアを横断し西はノルウエイまで(国内では北海道)とユーラシアの 北部に広範囲に分布しているが、いずれの地域でも希少種である。このためどの ような個体群構造、遺伝構造をもっているかが興味深いテーマとなっている。現 在、当研究所の大舘智志(智氏)助手がロシア、フィンランド、ノルウエイの共 同研究プロジェクトとして調査を行っている。

目 次

Preface 巻頭言
ご挨拶
若土 正曉(低温科学研究所長)
Research 研究紹介
都市大気の流れの可視化
藤吉 康志(寒冷海洋圏科学部門)
People 新しい研究者の紹介
惑星形成論の進化
田中 秀和(低温基礎科学部門)
環オホーツク海域における微量金属研究を目指して
西岡  純(環オホーツク観測研究センター)
千島列島の潮汐から環オホーツク圏の気候形成・変動へ
中村 知裕(環オホーツク観測研究センター)
呼吸の多様性と元素循環
小島 久弥(低温基礎科学部門)
自己紹介
的場 澄人(環オホーツク観測研究センター)
Administration Office 平成18年度共同研究・研究集会公募について/会議開催報告/人事異動

北海道大学低温科学研究所
http://www.lowtem.hokudai.ac.jp/

低温研ニュース第20号
(北海道大学低温科学研究所広報誌)
発  行 北海道大学低温科学研究所 所長
〒060-0819 札幌市北区北19条西8丁目
編  集 低温研ニュースレター編集委員会
編集委員 渡部直樹・田中亮一・事務部共同利用担当
(ご意見・お問い合わせ、投稿は編集委員まで)
TEL (011)706-5465、FAX (011)706-7142
戻る

北海道大学 低温科学研究所
www-admin@lowtem...