大気陸面相互作用分野 低温研 Home
学生 修了生等

スタッフ

渡辺 力   WATANABE Tsutomu

渡辺 力

低温科学研究所 水・物質循環部門 大気陸面相互作用分野 教授

大学院担当:
北海道大学大学院環境科学院
地球圏科学専攻・雪氷・寒冷圏科学コース主担当
地球圏科学専攻・大気海洋物理学・気候力学コース副担当

【略歴】
東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士課程後期修了
森林総合研究所勤務を経て、2007年3月より現職

【研究分野】
1. 植生―大気間の相互作用に関する研究
2. 森林の熱収支やCO2フラックスのタワー観測
3. 植生乱流や植物動態の数値シミュレーション
4. LESモデルを用いた熱収支インバランス問題の解明

【研究のキーワード】
Multi-sphere-interaction(大気圏―生物圏―雪氷圏相互作用)、乱流、LES (Large-Eddy Simulation)

川島 正行   KAWASHIMA Masayuki

川島正行

低温科学研究所 水・物質循環部門 大気陸面相互作用分野 助教
2016年4月 旧雲科学分野から移籍

大学院担当:
北海道大学大学院環境科学院
地球圏科学専攻・大気海洋物理・気候力学コース主担当
地球圏科学専攻・雪氷・寒冷圏科学コース副担当

【略歴】
東京大学大学院理学研究科地球惑星物理学専攻博士課程中退
日本学術振興会特別研究員を経て、1996年4月より現職

【研究分野】
1. 雲・降水システムの発生・発達のメカニズムの解明
2. 雲解像モデル、メソスケール大気モデルを用いた数値的研究

【研究のキーワード】
雲・降水システム、雲解像モデル、メソ気象力学

Personal page

下山 宏   SHIMOYAMA Kou

下山 宏

低温科学研究所 水・物質循環部門 大気陸面相互作用分野 助教
   国立環境研究所 客員研究員

大学院担当:
北海道大学大学院環境科学院
地球圏科学専攻・雪氷・寒冷圏科学コース主担当

【略歴】
名古屋大学大学院理学研究科地球惑星理学専攻博士課程後期満了
国立環境研究所NIESポスドクフェローを経て、2007年3月より現職

【研究分野】
1. 陸域地表面と大気間の熱・水・物質循環過程の解明
2. 大気境界層における二酸化炭素濃度の変動に対する観測研究
3. 水平一様な地表面上に発達する不均一乱流場の解析
4. 北海道の自然に関する気候学的研究
   (母子里は何故氷点下40度以下まで冷えたのか??)

【研究のキーワード】
熱収支、水循環、炭素循環、地球温暖化、二酸化炭素、乱流フラックス、大気境界層、航空機観測、タワー観測、
シベリア、北海道

スタッフ 修了生等

学生

  • 加藤 和輝   KATO Kazuki
        雪氷・寒冷圏科学コース M2 : 積雪上の気温に対する森林の影響
  • 中島 正寛   NAKASHIMA Masahiro
        大気海洋物理学・気候力学コース M2 : 接地境界層乱流の数値解析
  • 平沢 雅弘   HIRASAWA Masahiro
        大気海洋物理学・気候力学コース M2 : 前線にともなう降水の数値解析
  • 山下 真莉奈   YAMASHITA Marina
        大気海洋物理学・気候力学コース M2 : 地形性豪雨の数値解析
  • 福田 朔也   FUKUDA Sakuya
        雪氷・寒冷圏科学コース M1 : 2017年4月入学
  • 高木 鞠衣   TAKAGI Marie
        大気海洋物理学・気候力学コース M1 : 2017年8月〜研究室所属
  • 高増 厚司   TAKAMASU Atsushi
        大気海洋物理学・気候力学コース M1 : 2017年8月〜研究室所属
  • 玉井 健太郎   TAMAI Kentaro
        大気海洋物理学・気候力学コース M1 : 2017年8月〜研究室所属
スタッフ 学生

修了生・過去に在籍した人々

  • 森 文洋   MORI Fumihiro (〜2017年 3月)
        大気海洋物理学・気候力学コース 修士・博士課程 : PIV法を用いた接地境界層における乱流構造の観測
  • 平沢 陽子   HIRASAWA Yoko (〜2017年 3月)
        大気海洋物理学・気候力学コース 修士・博士課程 : 大気陸面間の熱輸送における森林キャノピーの効果
  • 近藤 春彦   KONDO Haruhiko (2017年 3月修了)
        大気海洋物理学・気候力学コース 修士課程 : レーダと地上観測データを用いた降水形成過程と電気的活動度の関係
  • 加渡 佑輔   KADO Yushuke (2017年 3月修了)
        大気海洋物理学・気候力学コース 修士課程 : 数値実験による竜巻をもたらす寒冷前線の研究
  • 佐藤 博紀   SATO Hiroki (2016年 9月 修了)
        大気海洋物理学・気候力学コース修士課程 : グライダーとリモートセンサーを用いた下部対流圏内の乱れの観測的研究
  • 河村 慎太郎   KAWAMURA Shintaro (〜2016年 3月)
        大気海洋物理学・気候力学コース修士課程
  • 清水 大粋   SHIMIZU Taiki (2013年 3月 修了)
        雪氷・寒冷圏科学コース修士課程 : 理想化した盆地地形における夜間冷却過程に関する数値解析
  • 飯岡 祐貴   IIOKA Yuki (2013年 3月 修了)
        大気海洋物理学・気候力学コース修士課程 : 安定接地層における気流水平構造の可視化計測
  • 茨木 佳奈子   IBARAKI Kanako (2011年 4月〜2012年 3月)
        低温科学研究所 事務補助員(2012年 4月からは雲科学・水文気象担当)
  • 小川 公一   OGAWA Koichi (2012年 3月 修了)
        大気海洋物理学・気候力学コース修士課程 : 大気境界層における運動量輸送に寄与する乱流構造の解析(LESによる数値解析)
  • 西村 聡美   NISHIMURA Satomi (2008年 4月〜2011年 3月)
        低温科学研究所 事務補助員
  • 島村 誠   SHIMAMURA Makoto (2011年 3月 修了)
        雪氷・寒冷圏科学コース修士課程 : 防雪林の林帯構造と防風防雪機能の関係
  • 大友 康平   OHTOMO Kohei (2010年 3月 修了)
        大気海洋物理学・気候力学コース修士課程 : 接地境界層における乱流の水平構造に関する観測的研究
  • 奥田 将基   OKUDA Masaki (2010年 3月 修了)
        大気海洋物理学・気候力学コース修士課程 : 地形の違いが夜間冷却過程に及ぼす影響に関する観測的研究
  • 高橋 翼   TAKAHASHI Tsubasa (2010年 3月 修了)
        大気海洋物理学・気候力学コース修士課程 : 植生群落上に発達する大規模乱流構造のメカニズムに関する研究
  • 正木 登   MASAKI Noboru (2010年 3月 修了)
        大気海洋物理学・気候力学コース修士課程 : 森林粗度層における乱流の空間スケールに関する観測的研究
  • 串田 圭司   KUSHIDA Keiji (2007年10月〜2009年10月)
        低温科学研究所 助教 :  衛星リモセン、原野火災、広域炭素収支 他
  • 溝口 康子   MIZOGUCHI Yasuko (2008年 8月〜2008年10月) 所属 : 森林総合研究所
        低温科学研究所 共同研究員 :  森林CO2フラックス、土壌呼吸 他
  • 澤田 結基   SAWADA Yuki (2007年10月〜2008年 3月) 現所属 : 福山市立大学
        低温科学研究所 学術研究員 :  永久凍土、越年氷 他
  • 今渕 陽枝   IMABUCHI Harue (2007年 3月〜2008年 2月)
        低温科学研究所 事務補助員
  • Larry LOPEZ (2007年10月〜2007年12月) 現所属 :
        低温科学研究所 博士研究員 :  森林火災、永久凍土、土壌化学 他