■論文発表・報告書など(2015年~2019年分)

◆1995年~1999年分   ◆2000年~2004年分   ◆2005年~2009年分
◆2010年~2014年分

【2017年】
2)石井吉之、平島寛行、山口悟:Rain-on-snowに伴う融雪災害の研究動向.
  日本水文科学会誌、47、119-126、28/Aug/2017.DOI:
1)日本地形学連合編:地形の辞典(曽根敏雄、分担執筆)、1032pp.、朝倉書店、10/Feb/2017.

【2016年】
7)石井吉之、中坪俊一、森章一、高塚徹、千貝健、小野数也、池田正幸、的場澄人:
  母子里における融雪期の模擬降雨散水実験.
  北海道大学低温科学研究所技術部技術報告、22、25-29、2/Dec/2016.
6)石井吉之:雪は食べてもいいですか? 日本雪氷学会編(高橋修平・渡辺興亜編著)
  「雪と氷の疑問60」、22-23、193pp、成山堂書店、東京、28/Oct/2016.
5)Hirashima,H., Ishii,Y. and Yamaguchi,S.: Application of multi-dimensional
  water transport model to natural snow: reproduction simulation of water sprinkle
  experiment. Proc. of the 2016 International Snow Science Workshop, Colorado,
  690-694, 3/Oct/2016.
4)石井吉之:ROSイベントに関する雪氷水文学的研究の概観と見通し(招請講演),
  雪氷研究大会(2016・名古屋), SP02「Rain-on-snow:積雪時の降雨と災害」,
  2016年9月30日, 名古屋市
3)曽根敏雄:小諸市氷風穴における風穴観測.第3回全国風穴サミットin信州上田記念誌、
  120-122、信州上田風穴の会・全国風穴サミット信州上田実行委員会、27/Aug/2016.
2)曽根敏雄:永久凍土の形成・分布.河村公隆他編「低温環境の科学辞典」、164-166、
  朝倉書店、東京、25/Jul/2016.
1)石井吉之:災害としての雪, 資源としての雪(招請講演).
  日本分析化学会北海道支部 第51回氷雪セミナー, 2016年1月10日, 北広島市

【2015年】
3)Ishii,Y., Koizumi,K., Fukami,H., Yamamoto,K., Takahashi,H., Limin,S.H.,
  Kusin,K., Usup,A., Gatot,E.S.: Groundwater in Peatland.
  In:"Tropical Peatland Ecosystems (eds. Osaki,M. and Tsuji,N.)", 265-279,
  Springer, Tokyo, 16/Dec/2015. DOI:10.1007/978-4-431-55681-7_17
2)曽根敏雄:風穴風の吹き出しと吸い込み―北海道置戸町鹿ノ子風穴での観測から.
  清水長生・澤田結基編「日本の風穴―冷涼のしくみと産業・観光への活用―」、92-101、
  古今書院、東京、30/Oct/2015.
1)Saito,K., Trombotto,D., Yoshikawa,K., Mori,J., Sone,T., Marchenko,S., Romanovsky,V.,
  Walsh,J., Hendricks,A. and Bottegal,E.: Late quaternary permafrost distributions
  downscaled for South America: Examinations of GCM-based Maps with Observations.
  Permafrost and Periglacial Processes. 27, 43-55, 6/Jun/2015. DOI: 10.1002/ppp.1863.