石井吉之

(Ishii Yoshiyuki)
 
真理の女神はそう甘くはない。簡単には姿を見せない、待っても来ない、跡さえ残さない、いるかどうかもわからない。張り込み、おとり、アリバイ、立件、・・・刑事物語のようだが、我々が山中で繰りひろげる観測がまさにそれだ。ホシ呼ばわりされて女神に怒られそうだが、彼女を射止めるためには時には布石を打つことも必要だ。布石ばかりの最近の自分が怖いが・・・。
 
■研究テーマ: 寒冷陸域における流域水文過程の研究
 
■研究歴
1983-87年 大学院博士課程研究課題
  「林地山腹斜面における地中流の河道集中特性」
1986-89年 国際航業(株)主任技師>
  「シミュレーション手法による地下水環境の変動予測」
1990-91年 国際学術調査(科学研究費補助金)
  「カナダ東部における酸性の融雪水の流出機構」
1990-92年 自然災害研究(科学研究費補助金)
  「山地豪雪災害の予測と防除、復旧対策に関する研究」
1992-93年 国際学術調査(科学研究費補助金)
  「中国黒龍江省にて大陸性吹雪に起因する雪害の共同研究」
1994-1995年 北極圏共同研究(スピッツベルベン)
  「氷河流域における水・エネルギー循環の研究」
1996-1997年 在外研究員(カナダ・サスカチュワン大学)
  「寒冷地における水・植生・土壌の相互影響効果に関する研究」
1996-98年 学内共同研究(科学研究費補助金)
  「森林が水及び物質循環にはたす役割の多様性」
1996-2001年 国際共同研究(科学研究費補助金など)
  「シベリア雪氷圏における水・エネルギー循環の研究」
1999-2001年 所内共同研究(科学研究費補助金)
  「積雪寒冷地の近年の暖冬少雪傾向と流域水循環への影響」
2001-2004年 国際学術調査(科学研究費補助金)
  「アラスカ内陸部の凍結土壌融解による熱・水・炭酸ガス循環の変動」
2005-2008年 JAXA-IARC国際共同研究
  「アラスカ森林火災が陸域環境に与える影響とそのモニタリング」
2006-2008年 学内共同研究(住友財団研究助成事業)
  「サロベツ湿原における冬季積雪量の偏り分布と夏季のササ生育環境」
2009-2012年 JST-JICA地球規模課題対応国際科学技術協力事業
  「インドネシアの泥炭・森林における火災と炭素管理」
2010-2012年 所内共同研究(科学研究費補助金)
  「降雨と融雪が重なって生じる融雪洪水の雪氷学的研究」
2011-2013年 原子力人材育成等推進事業(文部科学省)
  「多様な環境放射能問題に対応可能な国際的人材の機関連携育成」
2014-2016年 国内共同研究(科学研究費補助金)
  「春先の大雨時における積雪内部での降雨融雪浸透水の挙動」
 
■趣味・特技
庭いじりと家庭菜園: 始めたばかりの素人。人から教わるたびに新鮮な感動を覚える。 スーパーで買うより安い野菜を作るのが当面の目標なのだが・・・研究と同じで結構手間が掛かります。
 
■メールアドレス
ishiiy(-delete-)@pop.lowtem.hokudai.ac.jp
スパム対策のため、メールを送る時、メールアドレスの (-delete-) を削除してください。