東北地方太平洋沖地震被災研究者支援
「緊急の共同研究」に関するお知らせ

東北地方太平洋沖地震に伴う災害で命を落とされた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆さま、ご家族、関係者の方々に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧によって、被災者の皆様が安定した生活を取り戻されることをお祈りいたします。

このたびの地震は東北、関東地方の大学等、研究機関に甚大な損害を与え、研究活動にも大きな支障があるとのことです。北海道大学低温科学研究所では、被害を受けられた研究者の皆様の研究教育活動の早期回復を支援するために、一定期間、北海道大学低温科学研究所において研究を継続していただく機会を提供したいと考えています。

低温科学研究所長
香内 晃

【緊急の共同研究のご案内】

北海道大学低温科学研究所では被災された研究者の皆様の研究活動の復旧を滞りなく進めていただくために、「緊急の共同研究」の募集をいたします。研究室が被災し、研究の遂行に支障をきたした研究者(研究分担者としての大学院生を含む)に、北海道大学低温科学研究所にて研究の場を提供するものです。北海道大学低温科学研究所までの往復旅費を本学旅費規則に基づいて支給します。数日から数週間の滞在を想定していますが、詳しくは個別にご相談下さい。応募が北海道大学低温科学研究所の受け入れ可能範囲を超える場合には、状況を審査して採択を決定いたします。(大学院生の場合、指導教員が研究代表者として申請してください。)

【緊急の共同研究の申請方法】

通常の北海道大学低温科学研究所共同研究に準じて募集を行いますが、3月22日(火)から随時申請を受け付け、審査を迅速に行い、遅滞なく採否をお知らせいたします。採択後直ちに研究(滞在)できます。共同研究申請書の「その他被災状況等」の欄に、被災の状況、実験の緊急度、予定される滞在期間について記入して下さい。

受入研究室との打ち合わせが必要になりますので、以下のホームページの担当教員と職務内容をご覧いただき、事前に所内担当教員(世話教員)と研究内容についてご相談ください。

【申込期限】

平成23年4月28日(木)を当面の締切といたします。期限までに申込できない場合には、個別にご相談下さい。

迅速な審査を行うため、申込書を電子データ(WordかPDF)でも受け付けます。採択された場合は、押印(またはサイン)した申込書原本を後日郵送して下さい。

なお、郵送で申請する場合においても、所属長の承諾印は不要です。

【申込書提出先】

〒060-0819 札幌市北区北19条西8丁目
北海道大学 低温科学研究所
共同利用担当
電話 (011)706-5465(ダイヤルイン)
(封筒の表に「共同利用研究申込書在中」と明記して下さい。)
メールの場合:
共同利用担当のメールアドレス kyodo[at]pop.lowtem.hokudai.ac.jp 宛に
「共同研究申込」とタイトルを付けて申込書を添付してお送り下さい。
お問い合わせ
北海道大学低温科学研究所
共同利用担当
E-mail: kyodo[at]pop.lowtem.hokudai.ac.jp
TEL: 011-706-5465(受付時間:平日 8:30 - 17:00)

北海道大学 低温科学研究所

www-admin[at]lowtem.hokudai.ac.jp