HOME | 研究者を志す皆さんへ | スタイルと貢献度

研究者を志す皆さんへ

研究者(大学教員や研究所の研究者)として生きていくことを目指し,それを実現するためには,大学院の修士・博士課程の期間に,将来にわたるロードマップ(いつまでに何を学び,何を成し,将来はどのような研究を展開したいか,の道筋)をよく考え,よく考えながら,1年1年を過ごすことが重要だと思います。そして,「そのロードマップをスタートさせることできる研究室」,かつ,「自分の価値観に合う研究室」を選び,そこで大いに学ぶことが,実現に向けての第一歩だと思います。
以下に,ロードマップを考えるうえでの素材(我々,力石研究室で考えていること,重視していること,指導していることなど)を載せました。研究室選びの,もしくは,ロードマップを考えるための,参考にして下さい。
 
目次
 Scienceの現実
 我々が重視すること
 質の高い研究
 スタイルと貢献度
 研究計画の立案
 研究成果の発表


スタイルと貢献度 :

研究のスタイルには,大きく分けて,「技術志向型(マイスター),問題解決志向型(ナビゲーター),バランス型」があり,また貢献度には,「牽引型 と 一般化型(標準化型)」があると思います。
 
技術志向型は,

  • 利点:自分の技術を研究の基板にして,自由な研究が展開できる
  • 利点:技術の質(得られるデータの質)に基づいて,正しい精度で課題を解くことができる
  • 欠点:問題解決が目的ではなく,技術の先鋭化が目的になりがちである
  • 欠点:技術の習得に時間がかかる

問題解決型は,

  • 利点:問題解決に焦点を絞り,適切な手段(技術)を探し,効率的に研究を展開できる
  • 利点:短期間で成果がでる
  • 欠点:技術志向型の研究者と,“良い関係”の連携が必須になる
  • 欠点:技術の質(得られるデータの質)を無視した研究を進めがちである

バランス型は,

  • 利点:双方の良いところを併せ持つ
  • 利点:自由度が非常に高い
  • 欠点:スタートダッシュが効かない(技術面,問題解決面の双方の知識が必要)

という利点と欠点(注意点)を持っています。
 
また,
牽引型は,

  • 利点:only oneの技術や方法論に基づいて,研究の発展を牽引するすることができる
  • 利点:分野のコミュニティでトップを維持しやすい(イニシアチブを持ちやすい)
  • 欠点:全体から見ると,研究の進みが遅く,真実になかなか近づけない

一般化型は,

  • 利点:only oneの技術や方法論を標準化・簡易化・汎用化し,牽引型の研究に対して,信頼性を担保し,サイエンスを大きく前に進めることができる
  • 欠点:分野のコミュニティで,競争率を上げてしまう(イニシアチブを持ちにくい)

という利点と欠点(注意点)を持っています。
 
どちらが良い悪い,有利不利,ではなく,これらの利点と欠点をよく考慮して,自分の性格やロードマップに合ったバランスを,認識しておくことが重要です。