年表

研究所概要
所長挨拶
年表
拠点運営会議
国際交流協定
人事公募
アクセス
1941年(昭和 16年) 11月 低温科学研究所設置
純正物理学部門、気象学部門、生物学部門、医学部門、応用物理学部門、
海洋学部門設置
1963年(昭和 38年) 4月 雪害科学部門増設、純正物理学部門を物理学部門に改名
1964年(昭和 39年) 4月 凍上学部門増設
1965年(昭和 40年) 4月 附属流氷研究施設設置(紋別市)
1965年(昭和 40年) 11月 雪崩観測室新築(幌延町問寒別)
1966年(昭和 41年) 3月 附属流氷研究施設庁舎(449m²)新築
1966年(昭和 41年) 4月 植物凍害科学部門増設
1968年(昭和 43年) 3月 研究棟(2,871m²)新築
1968年(昭和 43年) 11月 低温棟(2,429m²)新築
1970年(昭和 45年) 4月 融雪科学部門増設
1971年(昭和 46年) 10月 附属流氷研究施設庁舎(183m²)増築
1972年(昭和 47年) 11月 凍上観測室新築(苫小牧市)
1973年(昭和 48年) 4月 低温生化学部門増設
1975年(昭和 50年) 12月 研究棟(1,098m²)増築
1978年(昭和 53年) 2月 附属流氷研究施設宿泊棟(338m²)新築
1978年(昭和 53年) 10月 融雪観測室新築(幌加内町母子里)
1979年(昭和 54年) 4月 医学部門を生理学部門に転換
生物学部門を動物学部門に、低温生化学部門を生化学部門に名称変更
1981年(昭和 56年) 4月 降雪物理学部門増設(10年時限)
1991年(平成 3年) 4月 降雪物理学部門廃止、雪氷気候物理学部門増設
1995年(平成 7年) 4月 全国共同利用の研究所に改組
寒冷海洋圏科学部門、寒冷陸域科学部門、低温基礎科学部門、
寒冷圏総合科学部門の4大部門を設置
1997年(平成 9年) 3月 分析棟(1,666m²)増築
2000年(平成 12年) 3月 研究棟新館(2,442m²)増築
2003年(平成 15年) 12月 実験棟(旧低温棟)改修
2004年(平成 16年) 4月 附属流氷研究施設(紋別)を廃止・転換し、
環オホーツク観測研究センター設置(札幌)
2004年(平成 16年) 10月 凍上観測室(苫小牧市)を森林生態系観測室に変更
2008年(平成 20年) 3月 研究棟改修
2008年(平成 20年) 10月 組織改編
共同研究推進部を設置し、研究部門を4大部門から3大部門
(水・物質循環部門、雪氷新領域部門、生物環境部門)に変更
2010年(平成 22年) 4月 共同利用・共同研究拠点に認定される
2010年(平成 22年) 9月 雪崩観測室廃止(幌延町問寒別)
2012年(平成 24年) 7月 森林生態系観測室を北方生物圏フィールド科学センターへ移管(苫小牧市)
2013年(平成 25年) 9月 環オホーツク観測研究センター改組
国際連携研究推進室を設置し、研究分野を3分野から2分野
(気候変動影響評価分野、流域圏システム分野)に変更

ページトップへ