Yoshifumi Yamaguchi, Ph.D. / 山口良文

横浜、京都、岡崎、東京と過ごしたのち、2018年から北海道にたどりつきました。
札幌は非常に暮らしやすい街だと感じています。
美味しい海の幸、山の幸、温泉に大自然、キャンパスにも可愛い野鳥がいっぱいです(北海道に来て野鳥観察にはまりつつあります。)


略歴
京都大学理学部卒業
京都大学大学院生命科学研究科 博士(生命科学)
自然科学研究機構 岡崎統合バイオサイエンスセンター(分子発生研究室) 研究員
東京大学大学院薬学系研究科(遺伝学教室) 助教
科学技術振興機構 さきがけ(生体における動的恒常性維持・変容機構の解明と制御)研究員
東京大学大学院薬学系研究科(遺伝学教室) 准教授
を経て

2018年1月〜
北海道大学低温科学研究所(生物環境部門冬眠代謝生理発達部門)教授
北海道大学大学院環境科学院生物圏科学専攻分子生物学コース担当)
2021年4月〜
稲盛財団科学フェロー(InaRISフェロー)兼任



紹介記事

北大人図鑑
#41 分子冬眠学者・山口良文さん(低温科学研究所 教授) [北大人図鑑 No.7] 2019.7.12

テルモ生命科学芸術財団「生命科学DOKIDOKI 研究室」
冬眠できるからだの不思議に魅せられて 〜北海道大学低温科学研究所・山口研究室を訪ねて〜 2019.3.13

JST news さきがける科学人
「冬眠」が起きる未知のメカニズムに挑む 2018.9.3

一般向け記事・講演活動

インタビュー:人間も冬眠? 実現すれば究極のアンチエイジング法に
(北村昌陽 記者)日経グッディ
Honda kids :人間も冬眠とうみんできるようになる?冬眠とうみんのしくみとナゾ
「ふしぎを見に行こう」




研究テーマ

哺乳類の冬眠の分子機構
細胞死の生体内での生理的意義
哺乳類胚発生と代謝制御