March 2020

実験医学でミニ特集の記事を書きました

実験医学4月号(羊土社)で「冬眠・休眠のバイオロジー」というミニ特集を組みました。北里大学の塚本さん高松さん(シマリス冬眠研究)と理研BDRの砂川さん(マウス休眠研究)も寄稿されています。まだまだ未開拓だけど夜明けが近い(はず?の)冬眠休眠研究の現在についてわかりやすく説明しています。ご興味ある方はぜひご覧ください。


春の訪れ
北海道も雪解けを迎え、例年より早い春が訪れました。冬眠研究分野も雪解け近し、の予感です・・・!