低温実験室の利用について

低温実験室の利用について
各種書式・安全教育マニュアル
低温実験室の利用マニュアル
非常時呼出ベルの取り扱い等
関係先一覧
低温実験室利用状況一覧

低温実験室の利用について

低温実験室を利用される方は、以下の注意事項、利用マニュアル等に従って、安全に十分注意の上ご利用下さい。

  1. 利用手続きについて

    低温実験室の利用を希望される方は、

    1. 利用代表者を決め、代表者から所属分野の教員(所内利用者)もしくは所内教員の共同研究者(所外利用者)に低温室利用に関してご相談ください。上記教員を以後「利用責任者」とよび、利用責任者と利用代表者が安全管理上の責任者となります。利用責任者は利用希望の部屋の管理者に目的・期間・条件(温度、スペース、持込機器の有無など)を調整してください。
    2. 調整した上で、利用責任者は申請書(兼許可書)をメールで受付窓口(coldlab[at]lowtem..., 「...」は「.hokudai.ac.jp」と読みかえてください)に提出していただきます。申請書提出にあわせて、所外利用者は必ず誓約書を提出していただきます。
    3. 申請書を審査し問題がなければ、許可されます。ID 番号を交付し、許可書を当該低温実験室入り口に掲示します。
    4. 利用責任者は低温室利用の各種調整と安全管理の責任を担います。部屋の管理者との調整、利用者への安全管理を徹底してください。
    5. すべての利用者は利用前に安全教育の受講が必須です。

    低温実験室等の利用手順

  2. 安全教育の受講について

    低温実験室を利用される方は、安全教育の受講が義務付けられています。

    1. 所内利用者:各グループの代表(安全主任者)による安全教育を受講してください。
    2. 所外利用者:所内教員の共同研究者の所属するグループの代表(安全主任者)が安全教育の責任を負っていますので、事前に当該グループの代表または代表から指示を受けた者から安全教育を受講してください。
  3. 低温実験室を安全にご利用いただくために

    低温実験室を利用される方は、以下の注意事項に従って、安全にご利用下さい。

    1. 利用に先立ち、次ページ以下の「低温実験室の利用マニュアル」「非常時呼出ベルの取り扱い等」をご一読下さい。
    2. 実際の利用に際して、安全主任者から利用上の注意(入退室ボードの表示、非常時の対応など)を聞いた上で、安全に注意を払ってご利用ください。
    3. 試料や装置などを搬入した場合は、入口等の見易い箇所にID 番号・保管者(電話番号)・保管期間・内容物が書かれた用紙を貼り付ける。保存期間を過ぎたものは廃棄する。
    4. 資料等の保管について:人が出入りしない資料等の保管の場合、上記と同様に利用責任者に相談し、利用責任者が各部屋の管理者と調整してください。各部屋の管理者の許可の後、利用責任者は見易い箇所に保管者(電話番号)・保管期間・内容物が書かれた用紙を貼り付ける。保存期間を過ぎたものは廃棄する。

ページトップへ

各種書式・安全教育マニュアル

申請書 (エクセルファイル:22kB )
誓約書 (エクセルファイル:19kB )
安全教育確認書 (エクセルファイル:22kB )

安全教育マニュアル (pdf:0.63MB )

ページトップへ

低温実験室の利用マニュアル

低温実験室は極めて特殊な環境であり、その利用時の安全確保に当たっては作業者が以下の遵守事項を徹底することが必要である。

  1. 低温室を利用する時は、所定の手続きに従って申請し、許可を得る必要がある。
  2. 各低温実験室を利用するにあたって、安全上の問題がある場合、各部屋の管理者と相談すること。
  3. 低温実験室は極めて特殊で苛酷な環境であるため、少しでも体調に不安がある場合は、使用を控えること。
  4. 低温実験室は気密性が高く。冷却循環装置や人体への悪影響のため、揮発性物質、粉塵性物質の持ち込みを禁止する。
  5. 各低温実験室の使用前に利用実験室の酸素濃度・室温が正常値であることを確認してから入出すること。利用実験室の酸素濃度・室温が異常値である場合は必ず利用責任者に報告すること。利用責任者は部屋の管理者と部屋の継続利用の可否について相談すること。
  6. 各低温実験室の使用前に緊急通報装置の位置を確認しておくこと。低温実験室では、常に窒息、引火、爆発などの恐れがあるので、充分に注意すること。実験中、目まいや息苦しさを感じた場合は速やかに退出し、利用責任者に報告すること。特に、液体窒素やドライアイスなど揮発性物質、メタノール、燃料など引火性物質を用いることを禁止する。実験システムを開放系とせず、不要なガスは低温実験室外に排出するような工夫をすること。
  7. 低温室では必ず防寒具(防寒服、防寒靴、帽子、手袋)を着用すること。低温室から出た後も、体が気温に慣れるまでは防寒具を脱がないこと。低温環境下では、通常より感覚や痛覚が鈍り、判断力が低下することが多いので、作業手順を事前に確認するなど万全の準備を行うこと。また、できれば1 時間毎に室外で充分な休息をとることとし、2時間以上低温室内に留まらないこと。
  8. 単独での低温室作業は極力避け、できるだけ2名以上で入室すること。低温室で作業をするときは、作業前に低温実験室を利用することを利用責任者に必ず連絡すること。また、作業後に利用が終了したことを利用責任者に必ず連絡すること。
  9. 低温実験室に入室している間は、各低温実験室付近(実験棟1 階、2 階、分析棟1 階の3 ヶ所)に設置してある入退出ボードに、所定の方法に従って入退出を掲示すること(利用責任者の指示に従うこと)。この掲示が無い場合は、低温実験室を使用していることが室外に認知されないので、緊急時の対応に支障が出る。利用者個人の責任で必ず遵守すること。利用責任者は低温実験室での作業中、ビデオモニターなどにより監視をおこなうこと。
  10. 18 時以降の低温実験室利用は極力避けること。また、22 時から7 時までの夜間または休日の低温室作業は、禁止する。18 時から22 時にやむを得ず使用する場合は、事前に使用開始時間と終了時間を必ず守衛室に届け出ること。終了後はすみやかに守衛室に報告すること。守衛室では、22 時の所内巡回の時に終了報告のない低温実験室の安全確認を行うこと。(低温実験室の室内灯が点灯している場合は、モニターで確認できる。)低温室利用後は必ず室内灯を消灯すること。(点灯したままの状態は、異常が発生していることを意味する。)
  11. 22 時から7 時までの夜間または休日の低温室は、緊急性の高い低温室の維持管理など必要に迫られた場合のみ、低温室の安全に関する十分な知識を持つ低温室運用責任者・同補佐・部屋の管理者・各部門の安全主任者・技術部共通機器管理室員・事務部会計担当員・警務員・運用責任者が指名した者の入室が許可される。
  12. ガラス窓が設置された低温実験室では、外部から低温室内の安全が確認できるよう塞いではならない。外光を避けたい実験を行う場合は、外側にカーテンを取り付けるなどで対処すること。
  13. 低温室運用責任者は、定期的に低温実験室の安全状況をチェックする。この際、問題が指摘された場合、部屋の管理者または利用責任者は早急に改善しなければならない。また、運用責任者は危険度の高い利用をしている場合、使用を禁じる措置をとらなければならない。

ページトップへ

非常時呼出ベルの取り扱い等

非常呼び出しベル

低温室内で監禁・歩行困難などの非常時には、非常呼び出し装置を押すこと (上図参照)。これにより、警務員室、分析棟機械室、各低温室制御盤で警報装置が鳴動する。低温室外の火災時は、非常ベルの音が聞こえないかわりに低温室内の赤色灯が点灯する。赤色灯が点灯した場合、速やかに所外に退避すること。

緊急時の対応方法

非常呼び出し装置作動の際、低温科学研究所は下記の対応をする。

  1. 人命救助を優先する。警務室員は警報作動を会計担当に連絡し、現場に急行する。会計担当は運用責任者・同補佐、部屋の管理者など周囲の関係者に声をかけ現場に同行させる。
  2. 警務員と同行者は入室ボードにより利用者の把握をする。室内監禁者がいると判断された場合、酸素濃度計により各部屋の酸素濃度を確認のうえ救助を行い、必要に応じて119 番通報をする。ただし、酸素濃度が異常の場合、ただちに119 番通報をし、酸素マスクをつけ、入室し救助を行う。

ページトップへ

関係先一覧

  1. 低温実験室等 (29年度) 運用責任者:原登志彦、運用補佐:飯塚芳徳
    • 低温実験室等の全体の運用に係る企画・調整。
    • 低温実験室等に共通の利用規則、安全対策等の検討。
    • その他、低温実験室等全体に係る事項。
  2. 低温実験室等管理者:29年度管理者は、表 (pdf:53kB) の通り(H27.12から変更なし)。
    • 当該低温実験室等の維持・管理。
    • 当該低温実験室等の利用に係る利用責任者への指示。
    • その他、当該低温実験室等に係る事項。
  3. 各部門の安全主任者
    • 利用責任者;所内外から低温実験室等利用者を受け入れ。
    • 利用責任者;低温実験室管理者に利用に関する調整。
    • 利用受け入れ研究課題の安全管理責任者。
  4. 技術部共通機器管理室員
    • 低温実験室等の全体の維持・管理。
    • 低温実験室等の全体の技術的な対応全般。
  5. 事務部会計担当員
    • 低温実験室等の全体の事務的な対応全般。
    • 緊急事対応(第2連絡先)。
    • その他、低温実験室等全体に係る事項。
  6. 警務員
    • 低温実験室等の全体の監視・安全管理。
    • 入室者カードの貸与。
    • 平日18 時から22 時における、入退室管理。
    • 緊急事対応(第1連絡先)。
  7. 利用代表者
    • 低温実験室等の利用に関する安全責任者。
    • 利用責任者に低温室利用に関する調整。

ページトップへ

低温実験室利用状況一覧

許可
番号
許可
年月日
実験室名 利用
責任者
利用者 代表者 利用目的 利用
予定期間
29-1H29.04.19 低温実験室5(02-110-3)豊田威信高等教育推進機構・宮本淳(特任准教授)宮本 淳単結晶氷の作成H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-2H29.04.19 低温実験室1(02-110-1)豊田威信 大気海洋相互作用分野・豊田威信(助教),野村大樹(水産・助教),大畑有(博士研究員),伊藤優人(学振特別研究員)豊田威信海氷および湖氷のコア解析H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-3H29.04.19 低温実験室4・5(01-110-A)・低温実験室1(02-110-1)豊田威信 大気海洋相互作用分野・豊田威信(助教),青木茂(准教授), 大畑有(博士研究員)豊田威信フラジルアイスの生成・発達に関する実験および解析H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-4H29.04.19低温調整室1(268)宮﨑 雄三大気環境・宮﨑雄三(助教),立花英里 (技術補助員),Astrid Muller(D3),大気海洋相互作用分野・青木茂(准教授),環オホーツク・的場澄人(助教)宮﨑 雄三低温条件での研究試料の保存H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-5H29.04.19凍土試料室(182)宮﨑 雄三大気環境・宮﨑雄三(助教),立花英里(技術補助員),Astrid Muller(D),大気環境・ボレディー スレッシュ(PD)宮﨑 雄三大気試料の冷凍保存H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-6H29.04.19 低温保存室(179)飯塚芳徳氷河氷床分野・飯塚芳徳(助教),斎藤健(研究支援推進員),安藤卓人,網野智美(M1),柴田麻衣(M1),環オホーツク・環オホーツク・場澄人(助教),黒﨑豊(M1),羽月稜(M1),大気環境 関宰,小野かおり(技術補助員),パルヴィン・ファミダ(D2),高等教育推進機構・宮本淳(特任准教授),北見工業大学・掘彰(准教授),大野浩(助教) 飯塚芳徳低温室の維持管理及び雪氷試料の解析H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-7H29.04.19 超低温保存室(178)飯塚芳徳氷河氷床分野・飯塚芳徳(助教),斎藤健(研究支援推進員),安藤卓人,網野智美(M1),柴田麻衣(M1),環オホーツク・場澄人(助教),黒﨑豊(M1),羽月稜(M1),大気環境 関宰,小野かおり(技術補助員),パルヴィン・ファミダ(D2),高等教育推進機構・宮本淳(特任准教授),北見工業大学・掘彰(准教授),大野浩(助教) 飯塚芳徳低温室の維持管理及び雪氷試料の解析H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-8H29.04.19 クリーンルーム(177)飯塚芳徳氷河氷床分野・飯塚芳徳(助教),斎藤健(研究支援推進員),安藤卓人,網野智美(M1),柴田麻衣(M1),環オホーツク・環オホーツク・場澄人(助教),黒﨑豊(M1),羽月稜(M1),大気環境 関宰,小野かおり(技術補助員),パルヴィン・ファミダ(D2),高等教育推進機構・宮本淳(特任准教授),北見工業大学・掘彰(准教授),大野浩(助教) 飯塚芳徳低温室の維持管理及び雪氷試料の解析H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-9H29.04.19 X線低解析室(173)飯塚芳徳氷河氷床分野・飯塚芳徳(助教),斎藤健(研究支援推進員),高等教育推進機構・宮本淳(特任准教授),北見工業大学・掘彰(准教授),大野浩(助教)飯塚芳徳低温室の維持管理及び雪氷試料の解析H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-10H29.04.19 雪氷解析室(172)飯塚芳徳氷河氷床分野・飯塚芳徳(助教),斎藤健(研究支援推進員),安藤卓人,網野智美(M1),柴田麻衣(M1),環オホーツク・場澄人(助教),黒﨑豊(M1),羽月稜(M1),大気環境 関宰,小野かおり(技術補助員),パルヴィン・ファミダ(D2),高等教育推進機構・宮本淳(特任准教授),北見工業大学・掘彰(准教授),大野浩(助教) 飯塚芳徳低温室の維持管理及び雪氷試料の解析H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-11H29.04.19 温度緩和室(171)飯塚芳徳氷河氷床分野・飯塚芳徳(助教),斎藤健(研究支援推進員),安藤卓人,網野智美(M1),柴田麻衣(M1),環オホーツク・場澄人(助教),黒﨑豊(M1),羽月稜(M1),大気環境 関宰,小野かおり(技術補助員),パルヴィン・ファミダ(D2),高等教育推進機構・宮本淳(特任准教授),北見工業大学・掘彰(准教授),大野浩(助教) 飯塚芳徳低温室の維持管理及び雪氷試料の解析H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-12H29.04.19低温実験室2 (02-110-2)小野清美寒冷域植物生理生態学分野・小野清美(助教),鈴木あずさ(研究支援推進員),群馬大社会情報学部・西村尚之(教授),木村美咲(学部生)小野清美温度等の生育環境が植物個体に与える影響を調べるためH29年4月1日 ~H30年3月31日
29-13H29.04.19低温実験室3 (02-110-3)小野清美寒冷域植物生理生態学分野・小野清美(助教),鈴木あずさ(研究支援推進員),群馬大社会情報学部・西村尚之(教授),木村美咲(学部生)小野清美温度等の生育環境が植物個体に与える影響を調べるためH29年4月1日 ~H30年3月31日
29-14H29.04.19低温実験室1(02-110-1)西岡 純環オホーツク・西岡純(准教授),柴野雄介(M2),村山愛子(技術補佐員),ラケニャ エバンス エリザベス(D2)西岡純海氷内の化学成分の分析H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-15H29.04.19 積雪試料室(180)的場澄人氷河氷床分野・飯塚芳徳(助教),斎藤健(研究支援推進員),安藤卓人,網野智美(M1),柴田麻衣(M1),環オホーツク・白岩孝行(准教授),的場澄人(助教),黒﨑豊(M1),羽月稜(M1),大気環境 関宰,小野かおり(技術補助員),パルヴィン・ファミダ(D2),高等教育推進機構・宮本淳(特任准教授),北見工業大学・掘彰(准教授),大野浩(助教) 的場澄人低温室の維持管理及び雪氷コアの解析H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-16H29.04.19融雪資料室 (181)曽根敏雄水文気象分野・曽根敏雄(助教)曽根敏雄凍結・融解深の自動計測装置の開発H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-17H29.04.24低温クリーンルーム(177)飯塚芳徳東京工業大学:服部祥平, 鶴田明日香(M2)服部祥平グリーンランドSEコア試料の解析H29年4月24日 ~H30年3月31日
29-18H29.06.29低温クリーンルーム(177)飯塚芳徳山形大学:鈴木利孝,佐々木千晶(M1),米倉綾香(M1)鈴木利孝グリーンランドSEコア試料の解析H29年4月1日 ~H30年3月31日
29-19H29.08.07融雪資料室 (181)的場澄人環オホーツク・的場澄人(助教),工学部・安成哲平(助教),高橋秀真(学部生)安成哲平「大気・雪サンプル中の太陽光吸収性エアロゾルの挙動及び起源同定のための基礎的研究2」における、積雪の融雪実験のためH29年8月9日 ~H29年8月18日, H29年9月下旬~ H29年12月下旬 (日程調整中)
29-20H29.08.30融雪資料室 (181)曽根敏雄名古屋大学環境学研究科・佐藤洋太(M1)藤田耕史土壌の熱伝導率測定H29年9月6日~ H29年9月8日
29-21H29.10.03 低温実験室4 ・5(01-110)豊田威信MTS雪氷研究所・松田益義,佐藤篤司,清水孝彰,JR東海・鎧坂勝則松田益義積雪の湿潤化による物性変化の観察H29年10月2日~ H29年12月30日
29-21H29.10.05温度緩和室 (171), 雪氷解析室 (172), X線解析室 (173) 飯塚芳徳Seoul National University・Jinho Ahn,Youngjun JangJinho AhnアイスコアのX線密度分析H29年10月10日~ H29年10月13日

低温実験室の利用について(所内用)

ページトップへ

更新履歴

2017年10月06日 利用状況
2017年10月04日 利用状況
2017年08月31日 利用状況
2017年08月07日 利用状況
2017年06月29日 利用状況
2017年04月25日 利用状況
2017年04月19日 運用責任者、運用補佐、管理者、利用状況
2016年11月04日 利用状況
2016年04月21日 運用責任者、運用補佐、管理者
2016年04月20日 利用状況
2016年02月23日 利用状況
2016年02月16日 利用状況
2015年12月21日 改訂

ページトップへ